塗料スプレーヤーの起動方法

動画視聴: 起動 (2:53)

 

圧力開放

スプレーヤーを適切に設定することは、最大のパフォーマンスと効率で稼働し続けるための重要なステップです。スプレーヤーを初めて操作する前、または操作する前に毎回、必ず圧力開放手順を実行して、スプレーヤーの圧力が開放されていることを確認してください。

  1. ガン引き金ロックを掛けます。
  2. オン/オフスイッチをオフにします
  3. 圧力コントロールを最低の設定まで回します。
  4. チップを逆にして、ガン引き金ロックを外します。
  5. 接地された金属ペール缶に向けてガンの金属部分をしっかり持ち、ガン引き金を引いて圧力を開放します。
  6. 引き金ロックをかけます。
  7. プライムバルブを「プライム」または「ドレン」の位置に切り替えます。

ポンプのプライム

圧力開放手順が完了したら、ポンプのプライムを行います。

  1. 引き金ロックをかけます。
  2. ガンからチップとガードを外します。
  3. 液体吸入ホースを塗料ペール缶に入れ、ドレンチュー ブを廃棄物ペール缶に入れます。
  4. プライムバルブを必ず「プライム」または「ドレン」の位置にします。
  5. 圧力コントロールを一番低い圧力の設定にします
  6. オン/オフスイッチをオンにします。
  7. モーターが起動するまで圧力コントロールを高めます。塗料がドレンチューブからなめらかに流れ出るまで、塗料をスプレーヤーに循環させます。
  8. オン/オフスイッチをオフにします

ホースとガンのプライム

これで液体でポンプのプライムが完了しました。次に、スプレーの準備を完了するために、ホースとガンのプライムを行います。

  1. 接地された金属廃棄物ペール缶に対してガンを保持し、引き金ロックを外し、ガン引き金を引いて保持します。
  2. 次に、プライムバルブをスプレーの位置にします。
  3. オン/オフスイッチをオンにします。
  4. ガンから塗料が出てくるまでポンプを作動させます。次に、オン/オフスイッチをオフにし、ガン引き金を放します。
  5. ガンを塗料ペール缶に移動させ、ガン引き金を引 き、オン/オフスイッチをオンにして、ポンプを約 20 秒間作動させます。
  6. 次に、引き金を放し、スプレーヤーの圧力を高めます。
  7. 引き金ロックをかけます。
  8. チップアセンブリをガンに取り付けて締め付けます。

スプレーパターンをテスト

テストサーフェスを使用し、スプレーパターンをテストすることを推奨します。廃棄するダンボールやその他の廃棄材料にテストパターンをスプレーします。スプレーパターンをテストするには、次のステップを実行します…

  1. 圧力コントロールノブを中間の位置にします。
  2. ガンをテスト表面から 12 インチ離し、引き金ロッ クを外してテストパターンをスプレーします。
  3. しばしばテールと呼ばれる重いエッジがパターンにある場合は、徐々に圧力を上げ、硬いエッジが柔らかくなじむスプレーパターンに変わるまでテストパターンをスプレーし続けます。 

以上のステップで、スプレーの準備は完了です。スプレーを行う際は、安全に関する推奨事項、最善のスプレー技術、洗浄ステップだけでなく、以下の起動ステップにも必ず従ってください。

関連項目

ご質問はありませんか?お気軽にお問い合わせください。

カスタマーサポート

カスタマーサポート

月~金曜日

9:00 - 12:00
13:00 - 17:45

技術サポート

技術サポート

月~金曜日

9:00 - 12:00
13:00 - 17:45

Eメールサポート

Eメールサポート

セールスサポート

セールスサポート

お見積や製品選定についての質問はこちら

Graco