Graco Inc.

現場発泡型ガスケッチング 

1成分RTVシリコンから液体ガスケッチングを生成するための装置

ガスケットは2つの物体間の隙間を埋めるシールで、通常はガスまたは液体が2部品の間から漏れるのを防ぎます。 ガスケットはフェルトまたはゴムなどの材質で作成できますが、シリコンまたはポリウレタンのビードで作成することもできます。

液体ガスケッチングは、自動車やその他の用途にいおいて、成形や型抜きによるガスケットまたはその他のタイプのガスケットの代わりとなる一般的で安価な方法です。 ウレタン、エラストマー、シリコンなど、1成分または2成分の素材を使用して、漏れを防ぎ、外部環境がシステム内に侵入しないようにするシールを形成します。

高精度の計量、制御された流量およびロボットによるディスペンスが、アプリケーションに必要な正確なプロファイルを形成するのに非常に重要です。
Gracoが提供するガスケッチング・テクノロジーは、エンジン制御モジュール、トランスミッション・ケース、医療機器、空気および液体フィルタ、航空電子工学、極限使用の電子部品など、各種製品で使用されます。
現場発泡型ガスケッチングは一般的に1成分RTV(室温での加硫処理)シリコンを使用して実現されます。 シリコンはエンクロージャ、多くの場合電撃防止エンクロージャの周囲に配置されます。

推奨されるGraco製装置 :

Graco製サプライ・システムによって提供されるDispensit710高精度ディスペンス・バルブまたはDispensit715 時間圧力バルブ
低出力アプリケーションでの高精度に対しては、プログラム可能なDispensit1053または1093 精密ディスペンスバルブを使用して各パーツについて再現可能な値を保証することができます。
•大出力アプリケーションでは、Graco製のPCF計量システム が使用されます。

すべてのケースで、ディスペンス・バルブおよび供給システムに直交軸または6軸ロボットのいずれかが装備されている必要があります。