Graco Inc.

複合繊維のワインディングおよび引出成形 

タンクおよびパイプを製造するための装置

複合繊維ワインディング(フィラメント・ワインディングまたはウェト・ワインディングとしても知られています)は、圧力容器、ゴルフクラブ、地下保管タンク、パイプなど、円筒状の物体を製造するのに使用されるプロセスです。

このプロセスでは、連続的なカーボンまたはファイバーグラス繊維が触媒樹脂でコーティングされ、雄型マンドレルに巻かれるか、特殊な装置でモールドされます。 この装置は、制御された方法で、雄型マンドレルを回転させ、樹脂に繊維を浸潤させ、繊維をマンドレルに塗布して、ワークピース全体が樹脂コーティングされた繊維内に完全に包み込まれるようにします。 マンドレルまたはモールドは装置から外され、樹脂コーティングされた繊維は硬化可能になります。 部品が硬化すると、マンドレルまたはモールドが除去され、完成した製品の一部になります。 ワークピースは完成品の場合と、完成させるために2次的なプロセスが必要な場合があります。

使用される繊維量と繊維層の方向は、最終製品の必要条件に応じて変わります。 部品のサイズは、小型タンクから大型の地下燃料タンクまであります。

引出成形は同様の連続的な繊維および樹脂のフィーディングを使用しますが、繊維は濡らさないでマンドレルに巻かれ、成形ダイを通してまっすぐに引っ張られて連続的な複合製品となります。 この方法で作成される代表的な製品は、ロッド、Iビーム、窓フレーム、および板バネです。 樹脂は圧力ダイスに連続的に注入されて繊維を濡らすか、ダンク内にディスペンスさます。このタンク内で繊維は引っ張られてから、加熱されたダイスで形成されます。

Graco製の製品は通常、2成分のメーター・ミックス装置または、手動混合および注入用のコンテナ内へのバッチ・ポンピング装置です。