サステナビリティ

私たちは環境への配慮と持続可能性を重視しています - またビジネス上の意義も忘れません。ビジネスの将来のために、かけがえない地球を守る必要があります。このため、私たちは持続可能な製品とオペレーションをお約束します。

私たちの環境方針はシンプルなものです: 私たちは、適用を受ける環境法令すべてに従い、またビジネスの将来、および私たちが働く地域社会に意義ある改善をもたらすために取り組みます。私たちは事業を行う世界すべての地域社会において良き企業人であることを約束します。この取り組みの一部として、私たちは天然資源を保全し、環境を保護する方法でビジネスを管理することに取り組んでいます。

私たちの意思決定

私たちは長期的視点で事実に基づいた意思決定に注目します。

  • グラコの組織の根底には、意思決定は事実に基づいて行うという信念があります。1990年代、私たちは全組織階層にわたる業績を測定し推進する、指標の強健なセットを開発しました。今日まで、私たちはこれらの手段を改善し洗練を続け、事実に基づいた意思決定への献身を続けてきました。
  • 事実は、持続可能な将来の慣行の基礎です。私たちは、将来のビジネスのために地球を保護する役割を果たします。
  • 私たちは空気排出、廃棄物の生成、水資源使用、廃水放出およびエネルギー消費を追跡しデータに基づく決定を下します。

 

私たちは倫理的決定を下し、および次の適用を受ける環境法令を守ることをお約束します。

  • この取り組みは、倫理的でない行動にまつわる多くの問題を回避することよりも、「よい倫理とはよいビジネスである」という確信から生まれています。
  • 私たちは、利益を得ることよりも、倫理性を重く評価しています。
  • 私たちのポリシーの一環として、天然資源を保全し、環境を保護する方法で私たちのビジネスを管理する取り組みを行います。世界的にすべての位置およびアクティビティで、グラコとその従業員は以下に取り組みます:
    • すべての適用を受ける環境法令および規則に従い、要件を超過する;
    • すべてのオペレーションで承認された環境慣行を採用する;
    • 汚染を防ぎ、オペレーションの環境負荷を縮小し、連続的にその環境上の慣行を改善する。

 

製品とプロセスの一体化設計

私たちはチームとして環境慣行を改善します。

  • 環境改善は各従業員の責任です。また私たちの従業員は強健な取り組みを実証してきました。
  • 私たちの大規模なアメリカの工場のうちの2つ、ミネアポリスおよびアノーカ(ミネソタ)では、ISO14001、環境管理システム標準認証を取得しています。この証明は、品質管理と環境パフォーマンスに対する私たちの重点化、Gracoを横断した個人の働き、そして勤勉な取り組みの結果です。
  • 従業員は、「緑のチーム」およびグラコの「継続改善プログラム」を通して、環境上とサステイナビリティー・イニシアチブに参加します。従業員に、環境と品質、安全性およびコスト結果に関するパフォーマンスを改善するための、有望で価値のあるアイデアを奨励し、褒賞を提供しています。
  • 私たちの従業員は、環境改善を推進する再循環、エネルギー管理および廃棄物管理のような日常のアクティビティに参加しています。

 

私たちは革新と効率を高く評価します。

  • 効率的な製品は、地球の価値のある資源を節約するため、私たちは新製品で効率を重視しています。
  • 私たちは、再利用可能で、エネルギーと材料を節約し、効率を高める製品を設計する一貫した研究開発を追求しています。
  • 私たちは、長寿命で高品質の製品を開発します。
  • 修理がより容易なモジュール部品によるプラットフォーム設計の改善は、製品の容易な分解、修理、再使用および材料タイプの分離とリサイクルが可能になります。
  • 私たちはエネルギー使用と関係する排出を削減するため、電動、バッテリー駆動製品のラインを拡張しました。また、製品の多くは現在ではエネルギー効率の良いブラシレス・モーター・テクノロジーを使用しています。

 

持続可能なオペレーション

私たちは生産オペレーションを継続的に改善しています。

  • グラコは金属、木材、厚紙、紙、プラスチック、機工滑油剤、滑油、凍結防止剤、ガラスびんおよびアルミニウム缶を再利用しています。2017年、グラコは105万ポンドの金属を再利用し、1200万キロワット時以上の電気を節約しました。さらに、私たちは180万ポンドの厚紙(15,000本以上の木に相当)を再利用しました。
  • 私たちは、塗料生産オペレーションでの自社製グラコPD2Kペイント調合システムを活用しています。PD2Kシステムは色変更で塗工ラインの洗浄に必要なを溶剤消費を減らし、高品質のコーティングアプリケーションを維持しつつ、と無駄や材料を削減しています。
  • さらに、大気中への揮発性有機化合物(VOC)およびその他汚染物質の排出を最小化するために自社コーティングアプリケーション機器を使用しています。ProBell回転アトマイザーは、液体コーティング・アプリケーション中の移送効率を増加させ、高品質仕上げに必要なコーティングの量を縮小し、VOCおよび微粒子の排出を削減します。
  • さらに、ミネアポリス・リヴァーサイド工場では、Gema(グラコの企業)の静電紛末被覆塗布システムを使用します。ここで私たちの製品の多くの塗装が行われています。このシステムを使用して、私たちは95パーセントもの高い移送効率を実現しています。さらに、粉体塗料はVOCを含んでいません。また、対応するHEPA(高性能の微粒子の空気)ろ過システムからの排出が屋内の空気をろ過し、屋内の空気質を改善しています。

 

お客様への支援

私たちは、エンドユーザーが環境負荷を軽減できるような製品を設計します。

  • 例えば、グラコは、コーティング除去と表面処理用のミスト研磨式ブラスト装置を製造しています。EcoQuip のミスト式ブラスト装置は、作業中に少量の水を加えることで、一般的なドライブラスト作業で発生する空気中の粉塵や粒子を最大で 92% 除去できることが試験で証明されています。
  • 私たちのスプレーフォーム機器は、冷暖房エネルギー使用削減を支援します。
  • 多剤スプレー機器は材料混合が抑えられ、材料浪費を縮小します。手動混合と比較して、多剤機器でラインから混合材料を洗い流すために必要な溶剤量を減らしています。
  • 私たちの革新的なホットメルト接着剤運搬システムは、ケースおよびカートン・シーリングに使用される接着剤の量を減らします。
  • 私たちの静電スプレーガンは、塗料および溶剤使用の縮小と、関連する排気の削減を支援します。
  • 塗料スプレー用の低圧スプレーチップは、より少ない圧力で仕上げることができるため、塗料のオーバースプレーを減らし、消費量とそれに伴う排気ガスを削減することができます。
  • また、当社のラインストライピングシステムは、より少ない圧力でより正確なラインを引くことができ、路面や駐車場の塗料の使用量を削減し、エアスプレーシステムよりも関連する大気排出量を削減することができます。
  • グラコは、材料浪費とオペレーションでのエネルギー消費とスクラップを削減し、機器をよりよく管理することを可能にする、工場内・移動機器の両方のための遠隔モニタリングおよび制御機能を開発しました。

 

私たちは、環境の将来のために産業の進歩を支援します。

  • 私たちは、環境アプリケーション製品の需要の成長を認識しています。またさらに、環境によい慣行は私たちのビジネスの成長にも貢献することを認め、これらの市場で、顧客への高品質のソリューションの提供により、ブランドの約束を果たします。
  • 私たちのシーラントおよび接着剤吐出機器、潤滑機器および塗料スプレー機器は、風力タービンメーカーで風力エネルギーのコスト効率とエネルギー効率改善を支援しています。
  • 私たちのシーラントおよび接着剤吐出機器は太陽パネル・メーカー、ペアガラス・メーカー、窓とドア・メーカーで、太陽エネルギーのコスト効率とエネルギー効率改善を支援し、ビルからのエネルギー損失を縮小します。
  • グラコの様々な機器は、電気自動車に必要なバッテリーの生産で使用され、輸送関連の排出削減を支援しています。
  • QED環境システム(グラコの企業)は、汚染された地下水のサンプリング;および改善、埋立て液体およびガス管理;、そして地下水と飲料水からの有害薬品の除去のための様々なポンプシステムを生産しています。
  • 石油・天然ガス産業を支える一方で、この産業のユーザーの環境負荷を軽減するための製品を製造しています。

 

正しいことを行う

私たちはパートナー、従業員、および私たちが働く地域社会に対して正しく行動するよう努力します。

  • 私たちはビジネスを倫理的に、公正に、およびすべての準拠法および政府の規則に従って行います。私たちの従業員は、グラコの倫理・企業行動規範およびその他企業方針を理解し従い、すべての準拠法に従い、ビジネスチャンスよりもグラコの倫理基準を危険の回避を優先します。経営陣はグラコの倫理基準および法令遵守についてのトレーニングを行い助言をします。詳細は、倫理・企業行動規範を参照してください。
  • 私たちは、仕事を楽しみ、会社に価値のある貢献をすることが等しく重要であると信じます。私たちの従業員と家族の健康、安寧および安全はグラコの成功に不可欠です。この目的で、私たちは従業員に、世界的に優位な報酬およびニーズに適合する包括的な福利厚生を提供することを約束します。詳細は私たちのグラコ採用情報のページでご確認いただけます。
  • 私たちは従業員、お客様、取引先および請負業者に、安全な作業環境を供給することを約束し、最良慣行として安全性への大きな投資を実施しています。健康、ウェルネスおよび安全計画によって、私たちは、従業員安全衛生を企業文化に組み込み、ウェルネスと労災防止教育を推進しています。
  • さらに、私たちはグラコ財団を通じ、地域社会に貢献しています。財団では、特にSTEM(化学、技術、数学、エンジニアリング);に重点を置き、コミュニティー・ニーズにあわせた、人材開発プログラム;、青年キャリア開発プログラムなどの教育プログラムを支援しています。グラコ財団は、さらにマッチングギフト、ボランティア休暇、従業員の子供のための奨学金、地域ミドル・スクールでの職業訓練、毎年のペイントマラソンコンテストを含む、従業員ベースプログラムを支援しています。詳細は私たちのグラコ財団のページでご確認いただけます。

 

私たちのビジネスは関係者すべてに利益を提供します。

  • 健全なコーポレート・ガバナンスは、グラコ社の継続的な成功に不可欠です。当社の有能で独立性の高い取締役会は、当社のコーポレート・ガバナンスのシステムをリードし、グラコの業務が倫理的に、そして全てのステークホルダーの利益のために行われることを保証します。取締役会役員はそれぞれ経験を積んだ財界人で、主要な戦略的重要問題について価値のあるアドバイスおよび顧問を執行役員に提供します。
  • 取締役会は通常、経営陣との2日間の会議を含め、年に5回開催されます。現在10人の取締役がいます。管理役員兼任メンバーは、グラコの社長兼最高経営責任者Patrick J. McHaleのみです。
  • 委員会の業務の多くは委員会によって行なわれます。監査委員会、ガバナンス委員会、および経営組織および報酬委員会の3つの常任委員会があります。委員会は完全に独立した非従業員の委員からできています。監査委員会のメンバーはそれぞれ財政で広い経験を持っています。監査委員会のうち3人のメンバーは財務の専門家です。
  • 委員会では企業統治ガイドラインを採用しました。会社の会社定款および付則とあわせて、このガイドラインはグラコの企業統治原則を明瞭に表現します。
Graco